上野亭かきあげ丼 ホームページへ

上野亭店主口上

挿絵

シンコを食べると、夏が来たなあと思います。 コノシロの幼魚がシンコ。

シンコ→コハダ→ナカズミ→コノシロと成長するにつれて呼び名が変わる出世魚なのに、大きくなるほどに値段が下がるところが、なんだかおかしい。

近所の馴染みの小料理屋さんにシンコが入ると連絡してもらい、お寿司で味わうのですが、今年は市場で見つけ、妻にさばいてもらいました。板さんは、シンコを下ろすのに、うんと使い込んで刃の減った包丁を用いるそう。それだと、中骨の感触が分かるのだそうです。それだけ、身がやわらかいということ。

小さな刺身を口に入れると、さもないと言えばそうなります。しかし、その味には、夏の陽盛りの明るさがあります。
〈上野 歩〉

>前月までの上野亭店主口上

上野 歩 Facebookより

上野 歩

ご注意

ほんのねこだましの入り口見本
「ほんのねこだまし」の入り口をさがそう!
上野亭の半ノラ居候(いそうろう)猫・ちーが、月がわりで当サイト内のどこかに顔を出してます。
そこには、ちーの眼が見た「ほんのねこだまし」の世界へとつながる扉が――
見つけられた人は幸せになれるというウワサも……いえ、まちがいなく幸せな気分にはなります。