キリの理容室

出版社名

講談社

出版年月

2018年5月

ISBNコード

9784062210874

ページ数

320P・単行本

価格

1500円 (税別)

装丁

名和田耕平デザイン事務所

装画

田中海帆

エッセイ関連ページ

(旧上野亭倉庫サイト掲載)
第214回『キリの理容室』(前編)
第215回『キリの理容室』(後編)

あらすじ

神野キリ、20歳。夢は理容師になって人気店を開くこと。
お金を稼げて、女性も通える理容店を開いて、自分と父親を捨てて男と出ていった理容師の母親を見返すため、理容専門学校を卒業したキリ。カットが下手なキリは、千恵子が一人で切り盛りするバーバーチーで修業することになるが、雑用ばかりの毎日。幼なじみの淳平は毎日のように実家に来るし、理容学校の同級生のアタルの存在も気になり始めて――。
衰退産業だなんて言わせない、床屋さん業界に理容女子が革命を起こします!

公益社団法人全国学校図書館協議会選定
第52回夏休みの本(緑陰図書)高等学校部門
全国理容生活衛生同業組合連合会
関東甲信越協議会主催第17回髪っぴー大賞受賞

タイトルとURLをコピーしました