探偵太宰治

出版社名

文芸社

出版年月

2017年7月

ISBNコード

9784286186757

ページ数

324P・文庫

価格

640円 (税別)

装丁

三原 淳

装画

こより

エッセイ関連ページ

(旧上野亭倉庫サイト掲載)
第212回『探偵太宰治』(前編)
第213回『探偵太宰治』(後編)

あらすじ

“あわいの館”を訪れた津島修治(=太宰治)は、次々と行方不明事件を解決するが、同時に自分の中の大切な何かを失っていく。それでも、周囲の期待に応えようと奔走する修治だったが、問題ばかり起こしてしまう。心機一転、作家としての成功を目論み、難事件の解決に乗り出すが……。
過ちを繰り返しながらも人々を惹きつける太宰の魅力とは何か。探偵としてさまざまな犯罪捜査にかかわる姿を通じて、人間・太宰治の真の魅力に迫る異色の青春物語。

タイトルとURLをコピーしました