ふれあい散歩 じんわりほのぼのエッセイ

出版社名

郵研社

出版年月

2006年2月

ISBNコード

4-94-642975-1

ページ数

208P・単行本

価格

1,300円 (税別)

装丁/挿画

ふじたかつゆき

エッセイ関連ページ

(旧上野亭倉庫サイト掲載)
第97回『ふれあい散歩』
第120回『ぴー吉2世とミカン』
第158回 日帰りバスツアー(7)~炎立つホタル編~

あらすじ

なにかにつけて「うれし~」というのが僕の口癖らしい。週末に自分で掃除したての一番風呂に浸かると、「ふー」という満足のため息とともに「うれし~」の声が出る。干したての布団にくるまると、足をばたばたさせて「うれし~」。朝、カーテンをあけて、晴れでも、雨でも、そこに空があるだけで「うれし~」。なんでも「うれし~」と感じること、それは僕の数少ない取り柄なのかもしれない。
おとなになると、毎日がハレの日ばかりとはいかないのが人生である。それでも、「うれし~」と感じるちいさな出来事があれば、むしろそうしたことをどん欲に発見してゆくことで、日々の色合いはかわってゆくのではないだろうか。(「あとがき」より)
味があって、少し懐かしくて、あたたかいお話がたくさんつまった初のエッセイ集。
上野家の食卓レシピ集付き。

タイトルとURLをコピーしました