上野亭かきあげ丼 ホームページへ
上野歩への原稿依頼はこちらから  各店員のページへ: 上野 歩 ふじたかつゆき ふじさわみえ ちー

挿絵
2018 上野亭店主口上 BACK NUMBER

>2020.2

挿絵

真冬に東北の温泉を訪れました。未明の闇の中、露天風呂に浸かります。頬は冷たいのに、手と足の先はじんじんする温泉で、来(こ)し方行く末を思います。
ふと、しんとした空気を切り裂くような警笛とともに、渓谷の向こうを2列編成の列車が窓の明かりだけを浮き上がらせ、走り過ぎました。乗客はたぶんふたり。列車はそのまま銀河へと向かいました。 〈上野 歩〉

>2020.1

挿絵

大寒の日は、お赤飯を食べます。
もち米は冬に似合います。そして、春にも。
一番寒い頃、春待つ心でハレのお赤飯をいただく。大感謝(大寒)祭なのです。 〈上野 歩〉

bucknumber:2018へ