上野亭かきあげ丼 ホームページへ
上野歩への原稿依頼はこちらから  各店員のページへ: ふじたかつゆき ふじさわみえちー


/ 上野 歩
monthly essay / ueno ayumu

ぴー吉 第73回『 日帰りバスツアー(3)』

挿絵 「東村山の駅まえには、志村けんの銅像がある」 高校時代、東村山から通ってきている級友がいて、彼の言葉にまんまと一杯食わされた思い出がある。そんなにも70年代後半、ザ・ドリフターズの志村けん氏が歌う『東村山音頭』は世の中を席巻していた。と、同時に東村山なるところが、いったいどこにあるのか見当がつかないでいた。 そうして現在、その東村山から電車に乗って40分ほどのところに暮らしている自分がある。
 その東村山にうどんを食べに出かけた。
 休日のお昼まえ、妻といっしょに自宅から最寄の石神井公園駅から西武池袋線を都下に向かって乗る。
 電車に揺られていると、保谷(ほうや)を過ぎたあたりから沿線の風景がかわってくるのがわかる。僕は、この下り電車から眺める景色が好きだ。そこには武蔵野の面影が感じられる。住宅や畑にまじって冬枯れの雑木林が姿をあらわし、フラットだった土地に、丘陵の斜面や段々のアクセントが加わる。
 所沢で西武新宿線に乗り換え、1駅めが東村山である。

ページ操作マーク つぎのページへ