上野亭かきあげ丼 ホームページへ
上野歩への原稿依頼はこちらから  各店員のページへ: ふじたかつゆき ふじさわみえちー


/ 上野 歩
monthly essay / ueno ayumu

ぴー吉 第146回 食卓日記(15)
   〜映画『RAILWAYS』と帯状疱疹(たいじょうほうしん)の巻〜

挿絵 *月*日
 食べたものを飲み込む時に引っ掛かるような違和感が喉にあって、ホームドクターのところに行った。すると、ストレス性のものだと言われ、漢方薬を処方される。
 好きな仕事をして、べつにストレスもないはずだけれど……と思っていたのに。このところ、日帰りで札幌、静岡、大阪とたてつづけに出かけたせいで疲れもあったのかもしれない。
 静岡の仕事にいっしょに出かけたカメラマンのKさんが、“札幌日帰り”は何度かやっていると言っていたが、Kさんはまだ若いものナ。

 喉に引っ掛かるなんて言っておきながら、それはまさに感覚的なものであって、実際に支障があるわけではない。献立も気にしない。夕餐(ゆうさん)は鴨鍋にした。
 喉はなんともないが、ガスコンロの火が暑かった。鍋の季節ではないということか。

*月*日
 練馬区大泉の東映撮影所に隣接するシネコンまで自宅からてくてく30分ばかり歩いてゆく。以前は、映画館の向かいにあるショッピングセンターの無料送迎バスがあって、買い物のついでに利用していたのだが、廃止されてしまったのだ。
 途中、農家の無人販売に立ち寄る。なんと、コインロッカーに100エン硬貨を投入してロックを外し、野菜を取り出す仕組みにかわっていた。そういえば、盗難が多いという記事が先日の新聞にあったっけ。世知辛い世の中になったものである。

ページ操作マーク つぎのページへ