上野亭かきあげ丼 ホームページへ
上野歩への原稿依頼はこちらから  各店員のページへ: ふじたかつゆき ふじさわみえちー


/ 上野 歩
monthly essay / ueno ayumu

ぴー吉 第105回『熊本の空の上』

挿絵 季刊誌に連載しているノンフィクション記事の取材で熊本に行くことになった。羽田空港で編集者のアッコさん(第91回『岡山旅日記』に登場)と待ち合わせする。
 JALの受付カウンターに着いたら、ケイタイを持たない僕のほうから彼女のケイタイに公衆電話から連絡を入れる手はずになっていた。でも、そんな必要はないと思っていたね。なにしろ元新体操選手のアッコさんは、すらりとした長身である。すぐに発見できると思ったのだ。そして、事実そのとおりになった。搭乗手続きでごった返すロビーで、アッコさんは、群衆のなかで頭ひとつ分飛び出していた(ちょっとオーバーか)。  僕は彼女に歩みよると声をかけた。
「よくわかりましたね」アッコさんが僕を見下ろして言った。
「オーラを発してるからね」と僕は言っておいた。
 航空券を僕に渡しながらアッコさんが言った。「ウエノさんは高いとこ平気ですか?」
 僕は最初、これから乗る飛行機について言ってるのだろうと思ったのだ。だが、そうではなかった。
 彼女はにこりと微笑み、「きょうは向こうでセスナに乗るんですよ」と言った。

ページ操作マーク つぎのページへ