就職先はネジ屋です

出版社名

小学館

出版年月

2019年3月

ISBNコード

9784094066135

ページ数

384P・文庫

価格

730円 (税別)

装丁

bookwall

装画

おとないちあき

エッセイ関連ページ

(旧上野亭倉庫サイト掲載)
第217回『就職先はネジ屋です』(前編)
第218回『就職先はネジ屋です』(後編)

あらすじ

就活中のユウ(三輪勇)は、第一志望の商社を最終面接で落とされた。その後、母親が社長を務めるミツワネジ(従業員130名)に正式エントリーして、入社することになった。海外で働きたいと考えるユウにとって、ミツワネジにフィリピン支社があることが大きな志望動機になった。
入社後、ひとり暮らしをはじめたユウ。同期入社は同じく営業に配属された辻の2名だった。ユウは、長谷川螺子兄弟社というネジ会社で三か月の現場研修に入り、「緩み」が生じないようにと、ひと工夫したU字ボルトを作った。
営業の取引先は、ネジを扱う顔なじみの商社ばかりだった。何とか直接メーカーに対して提案型の営業もしたいと思いはじめたユウは、飛び込みでメーカーを回り始めるが、相手にされない。ある日、荒川の河川敷で消波ブロックを作る現場を見たユウは、型枠を締めたり緩めたり簡単にできるボルトを作れないかと考えた。
前例のないことを始めようと行動するユウは、幾度もしがらみと闘いながら、仲間や業界のスペシャリストとともに新しい世界を切り開いていく。
読めばヤル気が出る!新入女子社員のモノづくり小説。文庫オリジナル。

本の雑誌増刊『おすすめ文庫王国2020』
ジャンル別ベストテン
エンターテインメント部門第5位

タイトルとURLをコピーしました