ふじたかつゆきにメールを送る
.
皆様の「なんとかしたい」にお答えするページ

ふじたかつゆきの
暴想一輪車
今月の暴想-Vol.28
童話シリーズ3
なぜマッチなのか知りたい

作家・アンデルセン、1人師走の町を歩いている。

「次の童話、どんなのにすっかなあ、
 そうだ、売り子とか出てくる悲しいやつ....
 んー、『マッ』のつくもの売る話しとかどうよ。
 うん、いいねー、いいよそれ。んーさえてきた!」

あの童話がなぜマッチになったのか、
今月も皆さんと暴想してまいりましょう。


童話「マッ端価格1万円の少女」

うーん、マズイだろうなこれは。

童話「マッキントッシュ売りの少女」

うーん、しかもDuo280cかよ。
66Mhzじゃだれも買わないか。

童話「マッコリ売りの少女」

うーん、未成年に酒売らせんなよ。
マッコリって言わせたい気もするけど。

童話「マッハ売りの少女」

うーん、速くて何売ってんのかわかんねえよ。

童話「マッ殺者の少女」

うーん、「ヤッチマイナ」って。
ルーシーも仕事にどん欲だね。えらいよ。

童話「マッコウクジラ売りの少女」

うーん、持ち歩けん。

童話「マッ茶売りの少女」

うーん、案外うけるかもしれんが。

童話「マッた無しの少女」

うーん、せっぱつまられてもなあ。
というか、なんか売れよ。

童話「マッチョが売りの少女」

うーん、そんなもの売りにされてもなあ。

いかん、につまってきた。タバコでも吸うか...
あれ、火ィ忘れちゃった。
おーい、そこのマッチ売り、一箱くれ。
.....まてよ....。


いかがですか、童話作家のみなさん。
シメキリ前にこそ、外を歩いてみたら?
あなたの全責任で...

このコーナーでは、「これをどうにかしたい」という意見を承ります。
これは!と思う意見には、あなたに変わって当ページで暴想いたします。

全ての皆様の意見を暴想する事はできません。
また、添付メールやHTML形式のメールはカンベンして下さい。

このページのご意見・ご感想、イラスト等お仕事のご依頼ご相談
 こちらまでお送りください。

どうぞよろしくお願い致します。

ふじたかつゆき

※本コーナーはフィクションです。
特定の人物・団体等、いかなる現実ともいっさい関係ありません。



上まで戻る

1話戻る 1話進む