上野歩への原稿依頼はこちらから
.
__上野 歩_ueno-ayumu
__著書リスト

__ご覧になりたい書籍の
__背表紙をクリックして下さい。

探偵太宰治
■出版社名 文芸社(書籍詳細情報
■出版年月 2017年7月
■ISBNコード  9784286186757
■ページ数
324P・文庫版
■価格 640円 (税別)
■エッセイ関連ページ
第209回『探偵太宰治』(前編)
装丁:三原 淳
装画:こより
■内 容

“あわいの館”を訪れた津島修治(=太宰治)は、次々と行方不明事件を解決するが、同時に自分の中の大切な何かを失っていく。それでも、周囲の期待に応えようと奔走する修治だったが、問題ばかり起こしてしまう。心機一転、作家としての成功を目論み、難事件の解決に乗り出すが……。
過ちを繰り返しながらも人々を惹きつける太宰の魅力とは何か。探偵としてさまざまな犯罪捜査にかかわる姿を通じて、人間・太宰治の真の魅力に迫る異色の青春物語。


鳴物師 音無ゆかり 依頼人の言霊
■出版社名 文芸社(書籍詳細情報
■出版年月 2017年1月
■ISBNコード  9784286180304
■ページ数
236P・文庫版
■価格 540円 (税別)
装丁:三原 淳
装画:清原 紘
■内 容

音無ゆかりは、依頼人の心に巣くう言霊を取り除く「鳴物師」として活躍する18歳。代々受け継がれる能力と、綾瀬、入来のサポートによって、次々と持ち込まれる難題に立ち向かう。しかし、様々な調査を進めるうちに、両親にまつわる悲劇的な過去が浮かび上がる。はたして彼女を悩ませるトラウマの真相とは? そして、音無家に宿る特殊能力の正体とは!?


墨田区吾嬬町発ブラックホール行き
■出版社名 小学館(書籍詳細情報
■出版年月 2016年12月
■ISBNコード  9784575233568
■ページ数
320P・単行本
■価格 1500円 (税別)
■エッセイ関連ページ
第209回『墨田区吾嬬町発ブラックホール行き』(前編)
第210回『墨田区吾嬬町発ブラックホール行き』(後編)
第211回『日帰りバスツアー(17)〜旅の名残(なごり)編〜』
装丁:bookwall
装画:pon-marsh
■内 容

あたし、一流のヘラ絞り職人になる!
高校を卒業したばかりの小倉ひかりは、父が勤めていた株式会社ツブラヤ絞に転職した。9歳の時に失踪した父について知りたい、もしかしたら再会できるかもしれないという思いからだ。父は、天才的なヘラ絞り職人だった。ヘラ絞りに夢中になったひかりは めざましい上達を遂げ、テレビに出演。番組の中で旋盤職人の剣拳磨と対決する。さらには、宇宙の謎の解明につながる最先端プロジェクトへの参加の依頼までが舞い込む。父親との再会は果たせるのか?  思いもよらない衝撃の真実が、ひかりを待ち受ける!


わたし、型屋の社長になります
■出版社名 小学館(書籍詳細情報
■出版年月 2015年10月
■ISBNコード  9784094062274
■ページ数
416P・文庫判
■価格 690円 (税別)
■エッセイ関連ページ
第205回『わたし、型屋の社長になります』(前編)
第206回『わたし、型屋の社長になります』(後編)
装丁:bookwall
装画:おとないちあき
■内 容

広告代理店に勤めていた花丘明希子は、病に倒れた父親に替わって、花丘製作所の社長になった。しかし、会社は大幅な売り上げ減で、銀行からは借入金の返済を求められ、融資に駆け回ることに。また、同業者からの引き抜きで、5人の社員が去って行った。
そんな時に、大手の三洋自動車から連絡が入った。いったんは、ライバル企業に発注されていた金型に不備があり、仕事が回ってきたのだ。
しかし、技術的にクリアしなければいけない大きな課題が立ちはだかっていた。
ここまで手を尽くしたのに……なんてそんなものはないのだ。駄目なら、さらに手を掛ける。不可能を可能にするまで。どこまでも。
社員の総力を結集しての努力は実るのか?
若き女性社長のひたむきな奮闘と、製造業に従事する人々の心意気を描いた、町工場エンターテインメント! 文庫オリジナル。


削り屋
■出版社名 小学館(書籍詳細情報
■出版年月 2015年3月
■ISBNコード  9784094061390
■ページ数
344P・文庫判
■価格 650円 (税別)
■エッセイ関連ページ
第199回『食卓日記(21)〜ゲラ校正と日本海の空の巻〜』
第201回『削り屋』
第202回『削り屋あれこれ』
第203回『食卓日記(22)〜忘れ物と朝市の巻〜』
装丁:bookwall
装画:岡田航也
■内 容

歯学生だった剣拳磨は、親の敷いたレールに逆らって大学を中退し、東京にやってきた。そして、歯学部実習での「削り」つながりで、飛び込みで下町の金属加工会社に就職する。削りには自信のあった拳磨だが、大学でやってきたことが全く通用しなかった。しかし夢中で取り組む内、手作業による削りの仕事が自分に打ち込める世界だと気づく。
やがて、社長に技能五輪全国大会を目指すよう言われた拳磨。そこに、中学の頃から立ちはだかってきた神無月グループの御曹司・神無月純也が現れた。自分の会社から多くの選手を出場させた神無月。拳磨は、頂点に立てるのか。


鳴物師 音無ゆかり 事件ファイル
■出版社名 文芸社(書籍詳細情報
■出版年月 2011年10月
■ISBNコード  978-4-286-11035-6
■ページ数
220P・四六判・ソフトカバー
■価格 1,000円 (税別)
■エッセイ関連ページ
第160回『隠岐島(後編)』
第161回『食卓日記(17)
〜音無ゆかりとセブン・イレブンのおむすびの食べ方の巻〜』

装丁:吉原敏文
装画:遠藤 結
■内 容

若者に大人気の女性シンガーソングライター小鳩アイが、突然大ヒット曲「想い」をまったく歌えなくなった。
そこには、作詞にまつわる親友との悲しい過去が隠されているのだが……
次々と発生する謎に満ちた事件を、ゆかりは解決することができるのか?
そして、彼女の力と血脈にかかわる、忌わしい闇の真相は!?
ニューヒロインが挑む、新感覚サイコミステリー!!


ふれあい散歩 じんわりほのぼのエッセイ
■出版社名 郵研社 (書籍詳細情報
■出版年月 2006年02月
■ISBNコード  4-94-642975-1
■ページ数
208P・四六判・ソフトカバー
■価格 1,300円 (税別)
■エッセイ関連ページ
第97回『ふれあい散歩』
第120回『ぴー吉2世とミカン』
第158回 日帰りバスツアー(7)
     〜炎立つホタル編〜
装丁:ふじたかつゆき
装画:ふじたかつゆき
■内 容

なにかにつけて「うれし〜」というのが僕の口癖らしい。週末に自分で掃除したての一番風呂に浸かると、「ふー」という満足のため息とともに「うれし〜」の声が出る。干したての布団にくるまると、足をばたばたさせて「うれし〜」。朝、カーテンをあけて、晴れでも、雨でも、そこに空があるだけで「うれし〜」。なんでも「うれし〜」と感じること、それは僕の数少ない取り柄なのかもしれない。
おとなになると、毎日がハレの日ばかりとはいかないのが人生である。それでも、「うれし〜」と感じるちいさな出来事があれば、むしろそうしたことをどん欲に発見してゆくことで、日々の色合いはかわってゆくのではないだろうか。(「あとがき」より)
味があって、少し懐かしくて、あたたかいお話がたくさんつまった初のエッセイ集。
上野家の食卓レシピ集付き。


愛は午後
■出版社名 文芸社 (書籍詳細情報
■出版年月 2001年06月
■ISBNコード  4-83-552101-3
■ページ数
247P・20cm
■価格 1,400円 (税別)
■エッセイ関連ページ
第41回『愛は午後』
第42回『愛は午後』(2)
第48回『職人芸』
装丁:多田進
装画:三嶋典東
■内 容

1冊の詩集を残し、自ら命を絶った林りんは伝説の詩人となった。その息子・リンゴは、姉・かがりへの超えてはいけない感情の一線をまえに困惑する日々を送っている。かがりには少女時代、何者かに誘拐され2日間拘束された過去がある。彼女自身にそのあいだの記憶はなく、トラウマとなっている。姉の肉体への欲望絶ちがたくポルノ小説家となったリンゴは、かがりの空白の時間を埋めようとする。


朝陽のようにそっと
■出版社名 集英社
■出版年月 1998年08月
■ISBNコード  4-08-775239-9
■ページ数
222P・20cm
■価格 1,400円 (税別)
■エッセイ関連ページ
第14回『朝陽のようにそっと』について
第44回『冷し中華』
装丁:木村裕治、間野 成
装画:見瀬理恵子
■内 容

朝丘花。29歳独身。恋人はボストンに研修留学中。ほんの数か月まえまでは、地元の中学校で国語を教えていた。いまは亡くなった父親がつくった家を改築して、プチレストラン《花家》を開いている。素朴な橡の木の大きなテーブルとカウンターだけのささやかな店。メニューは、その日ごとに食材をしぼって、ひとりで切り盛りしている。来店する客たちにもそれぞれの事情があって……。


チャコールグレイ
■出版社名 集英社
■出版年月 1995年07月
■ISBNコード  4-08-775199-6
■ページ数
189P・20cm
■価格 1,262円 (税別)
■エッセイ関連ページ
第12回『碓氷峠で見た雪は』
第58回『おでん』
装丁:スタジオ・ギブ
装画:平野敬子
■内 容

それぞれが美しい、鮮やかな色彩の絵の具であっても、それらをすべて合わせると灰色になる。晴れた日曜日の午後、彼女は僕のところにやってきていて、窓をあけて導き入れたチャコールグレイの猫をやさしく膝の上で抱きながらそんなことを言った。前夜に3月の雪が降った北の丸公園で、僕は彼女に最後にもういちどだけ会った。書き下ろし青春小説。


恋人といっしょになるでしょう
■出版社名 集英社
■出版年月 1994年12月
■ISBNコード  4-08-774112-5
■ページ数
188P・20cm
■価格 1,165円 (税別)
■エッセイ関連ページ
第49回『わが家カレー』
装丁:スタジオ・ギブ
装画:平野敬子

■内 容

5年間通った大学をやっと卒業して玩具業界誌の記者になった「僕」。小さな会社で給料も安いし、おまけに住んでるのも古い映画館を改造した安アパート。隣の部屋にはマリーというちょっと変わった女子大生が住んでいて、互いに不思議な友情を抱く。大学時代の友人が自殺した夏、僕にも会社の女性との恋がはじまる。だけど彼女は結婚していた……。
第7回小説すばる新人賞受賞作。