上野亭かきあげ丼 ホームページへ
上野歩への原稿依頼はこちらから  各店員のページへ: ふじたかつゆき ふじさわみえちー

ぴー吉 上野 歩 / イ 
第44回『冷し中華』・・・P2

挿絵  とっても暑いので、よく冷し中華を食べてる。
 では、うちの冷し中華について。
 練馬・光ヶ丘の専門店街にある手打ちめん屋で売ってるラーメンの太打ちめんを使用。
 うちは具の個性が強いので、それに負けない太めんがよい。やっぱり、めんが主役なわけだし、あくまで冷し中華は、めんを食べる料理なのだから。
 つぎにタレのつくりかた。鶏の笹身を濃い目のチキンスープと日本酒でかるくボイルする。このときの残り汁が、タレのベースになる。しょう油、お酢、ハチミツ、ゴマ油、ねりゴマをここに加え、冷蔵庫で冷してタレのできあがり。
 さて、モンダイのめんにのせる具であるが、さきほどのボイルした鶏の笹身を細くさいたもの。キュウリの細切り。甘めの薄焼き玉子は、あんまり細く切らないで、短冊状くらいが僕の好みである。それに塩とお酢を入れた湯でさっと茹でたモヤシをトウバンジャンでからめたの、の4種。最後に炒りゴマをぱらぱらとふりかけて、わが家の冷し中華の完成。

ページ操作マーク まえのページへ    ページ操作マーク つぎのページへ